×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ 受身形(受け身,受動態)
[解説] 
■ 
He wrote this letter.(能動態)
→ This letter was written by him.(受身形,受動態)

■上の例のように,受身形は be動詞+過去分詞で表わし,動作を行う者をはっきりさせるときはby+目的格 で表わします。

■現在,過去,未来などはbe動詞の部分を変化させて表わします。
This letter is written by him. 
This letter will be written by him. 


■「動作を行う者をはっきりさせないとき」にはby以下を省略します。

I was born in 1950.(私は1950年に産れました。)
English is spoken in America.(アメリカでは英語が話されています。)

「受身形の熟語」の中には,by以外の前置詞が付くものがあります。
be made of・・ (・・でできている)
be surprised at・・ (・・・に驚く)
be interested in・・ (・・に興味がある)
be covered with・・ (・・で覆われる)
be known to・・ (・・に知られる)
など
※これ以外にもたくさんありますが「熟語を覚える」中で少しずつ増やせばよいでしょう。
.
■要点■

1.受身形はbe動詞+過去分詞で作る。
  元の主語はby+目的格に変わる。
2.by+目的格は省略することがある。
3.by以外の前置詞をつけて熟語になっているものがある。


 
 

●==メニューに戻る